電子タバコで禁煙するのは難しい!?

 

当サイトでは禁煙するのに離煙パイプをおすすめしています。
これに関して「電子タバコでは駄目なのでしょうか?」というご質問を良く頂きます。

 

私の見解としては、電子タバコでの禁煙は困難だと思います。

 

まず電子タバコは、パイプをくわえて様々な味がする蒸気を吸いこむという品物ですので、
形は似ていれど、タバコとは全くの別物です。

 

そして何故、電子タバコでの禁煙が困難かと言えば、「ニコチン依存症」についての
対策が何もされていないからです。禁煙するためには、ニコチンを絶たねばなりません。

 

電子タバコをくわえているだけでは「ニコチン依存症」により、すぐに本物のタバコが欲しくなります。
現に電子タバコには、利用者からの強い需要で「ニコチン入り」が広く流通しており、
多くの方が愛用されています。

 

でも、これでは、意味がない・・・というか本物のタバコで良いのでは?となってしまいます。

 

さらに、ニコチン入りの電子タバコを吸っている方達に聞きましたが、本物のタバコとは全くの別物で物足りない
という意見が大半でした。でもニコチンがないよりはマシだということで使用されていました。

 

そして、ニコチン入り電子タバコを吸われている方の多くは、結局本物のタバコに戻ってしまうか、両方を
使用するかに落ち着いてしまいます。物足りなさから、本物のタバコにどうしても手を出してしまうんです。

 

こう考えると、電子タバコは「禁煙」には向いていないんですよね。勿論利点はいくつもあります。
例えば、毎月の出費が半減したり、場所を問わず使用できたりします。

 

個人的には、ガムなどと同じ、禁煙グッズの1つではあるが、本物のタバコを吸う本数を減らす程度の
役割しか期待できないと思っています。

 

百聞は一見にしかずですので、もし興味があれば、一度お試し頂くのも良いかと思います。